インフルエンザの予防方法

ワクチン接種

ワクチン接種は予防の有効な手段です。万が一インフルエンザにかかっても重症にならずにすみます。特に重症になりやすい高齢者や小児ではワクチン接種を受けるようにしましょう。高齢者では肺炎球菌ワクチンを一緒に受けることをお勧めします。

 

手洗い・うがい

手洗いは感染症予防の基本です。流水と石けんで手洗いをすることで、手指についてウイルスを洗いながします。また、うがいはのどの粘膜に付着したウイルスを排除すると同時にのどを潤すことで粘膜へのウイルスの付着を防ぎます。トイレの後や料理の前はもちろん、外出後の手洗い、うがいは習慣にしましょう。

 

適度な湿度の保持

空気が乾燥するとのどの粘膜の防御機能が低下しインフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

 

体調管理

疲労などで体力が低下した時には病気にかかりやすくなるため、食事や休息をきちんと取るようにして、病気に打ち勝つ体力を維持しておきましょう。また、体調が悪い時には早めに医療機関を受診しましょう。

 

人混みへの外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、人込みや繁華街への外出を控えましょう。やむを得ず出かける場合には、帰宅後によく手を洗い、うがいをしましょう。
マスクではインフルエンザの予防はできません。咳などの症状が出たら、人にうつさないためにマスクをしましょう。