プロフィール

前仙台市副市長

株式会社 健康予防政策機構 代表
株式会社 医療経営研究所(ウェルファクラブ) 顧問
医師 岩崎惠美子

1968年 新潟大学医学部卒
1978年 新潟臨港総合病院 耳鼻咽喉科医長
1996年 タイ国MAHIDOL大学医学部熱帯医学衛生学ディプロマ取得
インド、タイ、パラグアイで医療活動を行う
1998年 11月 厚生省仙台検疫所長就任
2000年 WHOの派遣要請によりウガンダ現地におけるエボラ出血熱の診療・診断・調査活動に従事
エボラ出血熱の診療・診断・調査活動に従事
2003年 5月 SARS対応協議ASEAN+3カ国空港当局者会議
6月 WHO主催SARS対策専門家世界会議にそれぞれ日本代表として出席
2007年 4月 仙台市副市長に就任
2009年 7月まで危機管理担当として従事し、インフルエンザパンデミック対策として「仙台方式」を確立。
9月 「株式会社 健康予防政策機構」 設立

所属学会

日本感染症学会・日本耳鼻咽喉科学会・日本ウィルス学会・日本口腔ケア学会

その他

検疫官 ウイルスを水際で食い止める女医の物語『検疫官 ウイルスを水際で食い止める女医の物語』(小林照幸著/角川文庫)

新型インフルエンザ対策の第一人者、岩崎惠美子。


その最前線の攻防を描いた本格医学ノンフィクション!
日本人で初めてエボラ出血熱を間近で治療した惠美子。50歳を過ぎて熱帯医学を志し、安穏な医師生活を捨て去ってウガンダやインド、タイ、パラグアイなどで現場治療にあたる。日本検疫史上初の女性検疫所長とまでなった彼女の、生物・化学テロ、感染症、ウイルスの脅威から日本を守ってきた活躍を大宅賞作家が描く。