手を洗おうプロジェクト
講演のご依頼・お問い合わせ
新型コロナウイルス(COVID-19)について Dr.岩崎の考察と提言
HOME > コラム > 新型コロナウィルス > 下水と新型コロナ感染者数の相関

下水と新型コロナ感染者数の相関

東北大学工学研究科では、仙台市内下水処理場への流入水を毎週採取して新型コロナウイルス陽性率の継続調査を実施しています。

下水と新型コロナ感染者数の相関1

この継続調査の結果では、下水の新型コロナウイルス陽性率が上昇すると、その後1~2週間して感染者数の増加が見られています

下水と新型コロナ感染者数の相関2

下水と新型コロナ感染者数の相関3
※6月22日NHK仙台てれまさむね

このことは、感染した人が発症する前から、便の中にウイルスを排出していることを示していると考えられます。
トイレ周りの清潔や手洗いの重要性が分かります。 

  • Category

  • Archive

  • お問い合わせ
    Contact
    講演のご依頼、寄稿や取材のお申し込みなどにつきましてもお問い合わせください。
    お問い合わせフォーム
    ©2021 Emiko Iwasaki All rights reserved.
    ページの先頭へ