手を洗おうプロジェクト
講演のご依頼・お問い合わせ
現地レポートエボラ出血熱 ウガンダ・グル地区でのアウトブレーク
トップページ > 現地レポートエボラ病棟日誌 > 11月03日

11月3日

朝、病院へ行くと、ルテナントのベッドには、白いプラスチックの袋が置かれていました。昨夜、亡くなったことを病棟の主任から聞き、胸が詰まる思いがしました。私は彼の納められた白いバッグの横で立ち止まり、手を合わせました。目を閉じると、目をくりくりさせながら、荒い息で「頑張る」と言っていた彼の顔が浮かんできました。

隣の部屋では床のマットレスにお婆ちゃんが横たわっていました。頬はこけ明らかな脱水状態で、頭蓋骨の上に一枚の皮を被ったようなその姿は、教科書で見たコレラ患者のそれと全く同じでした。エボラ出血熱でもコレラ同様に水様便の下痢をします。そのため患者は脱水症状を強めていくのでした。

チョコレート色の皮膚の横たわったおばあちゃんのうつろな目が、余りに悲しく、私は思わず目をそらさずにはおれませんでした。そして、彼女は、まもなく眠るように息を引き取りました。

そのタイミングを待っていたように、CDCから来ていた医師のダンが遺体に歩み寄り、表情も変えず彼女の手を胸に置き、毛布を頭まで被せて部屋を出て行きました。

記事一覧
お問い合わせ
Contact
講演のご依頼、寄稿や取材のお申し込みなどにつきましてもお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
©2021 Emiko Iwasaki All rights reserved.
ページの先頭へ